「あさつき」と「わけぎ」の違い

「あさつき」と「わけぎ」の違い

あさつき」と「わけぎ」の違い

ポイント


解説

見た目にもとても似ていて混同しやすい「あさつき」と「わけぎ」ですが、実は全く異なる種類の植物です。
細いネギのような見た目ですが、「あさつき」=ネギ属エゾネギの変種、「わけぎ」=ネギ属ワケギです。
まず、「あさつき」は、もともとは野草の1種で、今でも自生しているものが多くあります。
一方、「わけぎ」は、ネギとタマネギの雑種で、ギリシアが原産とされています。
見た目での違いは判断が難しいところですが、「わけぎ」より「あさつき」の方がやや細い傾向があります。
西日本では、薬味に使う細い緑色のネギを総称して「わけぎ」という傾向もあり、
この場合は「あさつき」と「わけぎ」を区別せず「わけぎ」と呼んでいます。

参照元

アサツキ – Wikipedia
ワケギ – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ