「しらたき」と「糸こんにゃく」の違い

「しらたき」と「糸こんにゃく」の違い

しらたき」と「糸こんにゃく」の違い

ポイント


解説

しらたき」と「糸こんにゃく」では、まず製法に大きな違いがあります。
こんにゃくは、こんにゃく芋を粉にして石灰乳を混ぜて固めたものですが、
しらたき」は、液体の状態で細い穴に通して糸状にし、それを固めたものになります。
一方、「糸こんにゃく」は、固まって板状になったこんにゃくを細く切って糸状にした物です。
簡単に言うと、「しらたき」=細くして固める、「糸こんにゃく」=固めてから細くする、となります。
見た目にも違いがあります。
しらたき」は、細くて白い色をしていますが、「糸こんにゃく」は太目で黒いマダラがあります。
これは、「糸こんにゃく」にはひじきなどの海藻を混ぜる習慣があるためです。
しかし、「しらたき」と「糸こんにゃく」は、地域によって呼び方が違う傾向もあります。
関東では「しらたき」、関西では「糸こんにゃく」と呼ばれるのが一般的です。
そのため、上記のような製法や特徴に関係なく、
関西で販売する場合は「しらたき」、関東で販売する場合は「糸こんにゃく」というネーミングで販売するメーカーがほとんどです。

参照元

糸こんにゃくと白滝の違いは何ですか – Yahoo!知恵袋
糸こんにゃくと白滝の違いは?

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ