「ぼたもち」と「おはぎ」の違い

「ぼたもち」と「おはぎ」の違い

ぼたもち」と「おはぎ」の違い

ポイント


解説

古くからお彼岸に食べるものとして伝わっている「ぼたもち」と「おはぎ」。
よく考えると似ているけど違いが分からないという方も多いのでは?
そこで「ぼたもち」と「おはぎ」の違いを整理してみたいと思います。
まず、結論としては「ぼたもち」と「おはぎ」は同じものを指しています。
この「ぼたもち」「おはぎ」をお彼岸に食べる習慣が始まったのは江戸時代になるそうです。
お彼岸は春と秋の2回ありますが、春のお彼岸には「ぼたもち」、秋のお彼岸には「おはぎ」という呼び方が定着しました。
ぼたもち」は春に咲く牡丹になぞって「牡丹餅」、「おはぎ」は秋に咲く萩を丁寧に言った「御萩」が由来とされています。
元々は、これらをかたどり、春の「ぼたもち」は牡丹をイメージして大きめに、秋の「おはぎ」は萩をおメージして小ぶりで上品に作られていました。
そのため、「ぼたもち」は大きく、「おはぎ」は小さいという説もありますが、あながち間違いではないようです。
また、「ぼたもち」=こしあん、「おはぎ」=つぶあんというように区別する説もあります。
これも当時の作りからに由来します。
食品の保存技術が乏しかった江戸時代では、秋には取れたての小豆が使えるため、も柔らかいつぶあんとして作ることができましたが、
春には一冬こして硬くなった小豆を使わなければならず、こしあんが使われていたようです。
ぼたもち」=こしあん、「おはぎ」=つぶあんと区別されることがあるのもそのためで、これも間違いではないようです。
1年中手に入れる事ができるようになった現代では、「ぼたもち」でも「おはぎ」でもどちらでも間違いないようです。

参照元

おはぎとぼたもち、本当の違い [生活家電] All About
『「おはぎ」と「ぼたもち」の違い』|RICOH Communication Club 経営に役立つ情報発信サイト

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ