「アニメ」と「漫画」の違い

「アニメ」と「漫画」の違い

アニメ」と「漫画」の違い

ポイント


解説

アニメ」と「漫画」の違いは言われなくても分かるという方も多いかもしれませんが、
世代によっては混同されている方も意外に多くいます。
まず、一般的な定義では、「アニメ」は動きのあるもの、「漫画」は動きのないものとなります。
アニメ」の語源はアニメーションで、絵に動きを加える技法のことを指します。
ですので、漫画本などの紙媒体での静止画は「漫画」、それをテレビ化したものを「アニメ」と呼びます。
初期のテレビアニメでは、「アニメ」という言葉が普及しておらず、「テレビ漫画」と呼ばれていた時代もありました。
これらの世代では、アニメも含めて「漫画」と呼ぶ方も多いようです。
漫画」という言葉は幅が広いため、最近では「コミック」という呼び方が普及しています。

参照元

アニメーション – Wikipedia
日本の漫画 – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ