「イヤリング」と「ピアス」の違い

「ペンダント」と「ネックレス」の違い

ペンダント」と「ネックレス」の違い

ポイント


解説

知っている人から見ると当たり前かもしれませんが、「イヤリング」と「ピアス」の違いを整理してみたいと思います。
まず、「イヤリング」は耳に穴を開けなくても付けることができますが、「ピアス」は耳の穴に通して付ける形状になっているため、穴を開けることが必要となります。
最近では緩和されつつありますが、高校などでは校則でピアスが禁止されている場合も多く、ピアスの穴を開けたために退学になったというケースも少なくありません。
また、「イヤリング」はその名の通り耳に付けるアクセサリーに限定されますが、ピアスは耳に限らず体に穴を開けて装着するアクセサリー全般に用いられます。
ボディーピアスと呼ばれるように、へそや胸などに付けられるものもピアスの仲間です。
デザイン面でも違いがあります。
イヤリング」は、耳を挟みこんで装着する仕組みであるため、デザインが制限されてしまう傾向があります。
一方、「ピアス」ではそのような制限はありませんので、比較的デザインの自由度が高く、選択の幅も広がります。
体に対する響では、「イヤリング」は耳たぶを挟み込むため、長時間装着すると痛みを伴うことがあります。
一方、「ピアス」ではそのような痛みは滅多にありませんが、耳に穴を開ける際、化膿してしまったり感染症を起こしてしまう事例もあります。

参照元

ピアスの意味。イヤリングとの違いなどまとめ。|Sakuranpost

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ