「コンソメ」と「ブイヨン」と「フォンドボー」の違い

「コンソメ」と「ブイヨン」と「フォンドボー」の違い

コンソメ」と「ブイヨン」と「フォンドボー」の違い

ポイント


解説

調味料などでよく耳にする「コンソメ」「ブイヨン」「フォンドボー」ですが、
実は違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか?
まず最大の違いは、「コンソメ」はスープの一種であり、「ブイヨン」と「フォンドボー」は出汁(だし)の一種という点です。
コンソメ」は固形化して販売されているため、調味料と思っている方も多いかもしれませんが、
実はスープの名前で、このスープの素が固形化されて販売されているのです。
次に、作り方ですが、「ブイヨン」を元にして「コンソメ」と「フォンドボー」が作られます。
まず、「ブイヨン」は、魚・牛・鶏と野菜を長時間煮込んで作ります。
これ自体は「ポトフ」ですが、ここから取れる出汁(だし)が「ブイヨン」となります。
更に、「ブイヨン」に牛スネ肉・白を加えて作ったスープが「コンソメ」となります。
また、「ブイヨン」に焼いた子牛の骨や香味野菜を加えて煮込んだ出汁(だし)が「フォンドボー」となります。

参照元

ブイヨン – Wikipedia
コンソメ – Wikipedia
フォン・ド・ヴォー – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ