「シリアル」と「コーンフレーク」の違い

「シリアル」と「コーンフレーク」の違い

シリアル」と「コーンフレーク」の違い

ポイント


解説

シリアル」とは、正式にはシリアル食品のことを指しており、
穀物を加熱調理した上で長さ1cm程度の薄い破片に成型したものを指します。
英語で穀物を指すシリアル(Cereal)」が語源となっています。
この「シリアル」の中で、原料がトウモロコシのものを「コーンフレーク」と呼んでします。
つまり、「コーンフレーク」は「シリアル」の中の1種なのです。
その他、「シリアル」の仲間には、オートミール・ミューズリー・グラノーラも挙げられます。
しかし、原料によって「シリアル」と「コーンフレーク」が使い分けられる事もあります。
この場合は、麦が原料のものを「シリアル」、トウモロコシが原料のものを「コーンフレーク」というように使い分けられます。

参照元

シリアル、コーンフレーク、オートミール、ミューズリー、グラノーラの違いとは? クミタス~情報ページ
シリアル食品 – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ