「ビール」と「発泡酒」の違い

「ビール」と「発泡酒」の違い

ポイント


解説

最近の「発泡酒」は各メーカーの商品開発のおかげでとてもおいしくなりました。「発泡酒」が登場した当初は抵抗のある人もかなりいましたが、最近では味では「ビール」との違いがなくなってきています。
そもそも「ビール」と「発泡酒」の違いは何なのでしょうか?
「発泡酒」が登場した経緯は、その税率にあります。麦芽使用率が3分の2以上のものが「ビール」、それ以下のものは発泡性を有する酒類とされていました。これにより酒税の税率が変わってきます。
そこで、麦芽使用率3分の2未満に抑えたのが「発泡酒」です。
酒税の税率は徐々に変化してきていますが、現在では、350ml缶の場合「ビール」は77円。「発泡酒」は47円となっています。しかし、この税率を55円で統一するなどの案も検討されていて、今後の動向が注目されています。

参照元

あなたは説明できますが?ビール・発泡酒・新ジャンルの違い。 – NAVER まとめ
ビール・発泡酒・新ジャンルの違いを教えてください。 お客様センター サントリー

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ