「フクロウ」と「ミミズク」の違い

ポイント

  • フクロウ」=耳がない。「ミミズク」=耳がある。
  • どちらもフクロウフクロウ科。
  • 耳がある「フクロウ」もいる。
  • 実は明確な区別はない。
  • 「ズク」は古語でふくろうのこと。

解説

「フクロウ」と「ミミズク」の一番の違いは耳です。
「フクロウ」には耳がなく、「ミミズク」耳がありません。
しかし、どちらもフクロウ目フクロウ科に属する生き物です。
また、耳があるフクロウもいますし、耳がないミミズクもいます。
北海道に生息するシマフクロウには、立派な耳がありますし、「アオバズク」には耳がありません。
「ズク」は古語でフクロウのことですので、やはりどちらもフクロウを指しているのです。
英語ではどちらも、『owl』と呼ばれています。
ですので、「フクロウ」と「ミミズク」の区別は実は曖昧で、生物学的な区別はありません。

参照元

http://www.pefmix.com/fukurou.html
http://matome.naver.jp/odai/2134283684260559301
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/332189.html?ans_count_asc=2

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ