「プラム」と「ソルダム」の違い

「プラム」と「ソルダム」の違い

プラム」と「ソルダム」の違い

ポイント


解説

スーパーなどの果物コーナーでよく見かける「プラム」と「ソルダム」ですが、実は違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか?
結論から言うと、「ソルダム」は「プラム」の品種の中の1つです。
まず、「プラム」とはスモモの仲間で、セイヨウスモモとも言います。
実はスモモは300種類以上の品種があると言われています。
ソルダム」は、この「プラム(セイヨウスモモ)」の中の品種の1つです。
日本では「スイカモモ」とも呼ばれており、こちらの方が馴染みがある方も多いかもしれません。
この「スイカモモ」の正式名称が「ソルダム」です。
果皮が緑で果肉が濃赤色という見た目が特徴的です。
果重は80~100gと大きめで日持ちがよく、甘みと酸味が調和した品種として人気で、日本では特に多く生産されています。

参照元

すもも(李-プラム)のページ

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ