「プルーン」と「プラム」の違い

「プルーン」と「プラム」の違い

プルーン」と「プラム」の違い

ポイント


解説

「プルーン」も「プラム」もすももの一部で、セイヨウスモモとも呼ばれています。
「プルーン」と「プラム」は、種類によって使い分けるわけではなく、生のものを「プラム」、乾燥したもの「プルーン」と呼んでいます。
しかし、プラムは非常に糖度が高いため、乾燥せずに発酵してしまいます。
300種類以上あるすもも種の中で、種がついたまま乾燥させても発酵せず、「プルーン」になれる特性のあるものは数種類しかありません。
この特性のあるものを「プルーンプラム」とも呼びます。

参照元

よくある質問|カリフォルニア プルーン協会
プルーン – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ