「ペンダント」と「ネックレス」の違い

「ペンダント」と「ネックレス」の違い

ペンダント」と「ネックレス」の違い

ポイント


解説

首飾りの呼び方として「ペンダント」と「ネックレス」があります。
男性ではこの違いが分からないという方も多いでしょうが、意外にも女性にもいるようです。
そこで、「ペンダント」と「ネックレス」の違いについて調べてみましたが、実は答えは1つではないようです。
まず、1つ目は、「ペンダント」はペンダントトップと呼ばれる飾りが付いているもの、「ネックレス」はそれがないものというものです。
ですので、冠婚葬祭で使用する真珠のネックレスは、ペンダントトップがありませんのでペンダントとは呼びません。
2つ目は、チェーン状(紐状)のものを「ネックレス」と呼び、それに通して付けるものを「ペンダント」と呼ぶものです。
この場合では、上記の「ペンダントトップ」自体を「ペンダント」と呼ぶようです。
3つ目は、「ネックレス」は首飾りの総称、「ペンダント」はその中の形状の1つとするものです。
そもそもの由来は、「ペンダント」=pendant(たれ飾り)、「ネックレス」=necklace(首の飾り)という事のようですので、先端にぶら下がっているものが付いている場合には「ペンダント」、そうでない場合には「ネックレス」と判断すれば間違いないでしょう。

参照元

ネックレスとペンダントの違いは? – レディース 教えて!goo
ペンダントとネックレスの違い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ