「マンゴスチン」と「ライチ」の違い

「マンゴスチン」と「ライチ」の違い

マンゴスチン」と「ライチ」の違い

ポイント


解説

マンゴスチン」も「ライチ」も、普段あまり食べることのないフルーツです。
ライチ」は最近お目にかかることも増えてきましたが、「マンゴスチン」は食べたことがないという方も多いでしょう。
まず、見た目では、「マンゴスチン」には大きな樹冠があるのが特徴です。「ライチ」にはこのような樹冠はありません。
次に果実の形状では、「マンゴスチン」はニンニクのような形状で数個の果実が付いています。一方、「ライチ」はユデタマゴ白身のような丸い果実で、中に大きな種が1つあります。
味は人により感じ方が々ですが、比較的似ていると感じる方が多い傾向のようです。
マンゴスチン」はモモやブドウに似ていると表現している方が多くいます。
違いは食感で、「マンゴスチン」の方が「ライチ」より食感が柔らかかったり繊維っぽいといった傾向があります。
マンゴスチン」の原産国は東南アジアで、栽培がとても難しい植物とされています。
一方、「ライチ」の原産国は中国ですが、比較的人工栽培が容易なため、東南アジアやオーストラリアなどで多く栽培されています。

参照元

マンゴスチン – Wikipedia
レイシ – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ