「マンゴー」と「パパイヤ」の違い

「マンゴー」と「パパイヤ」の違い

マンゴー」と「パパイヤ」の違い

ポイント


解説

以前は滅多にお目に掛かれなかったマンゴーですが、
最近ではジュースやアイスなどで口にする機会が多くなっています。
逆にパパイヤを最近食べていないと感じる方も多いのではないでしょうか?
また、パパイヤの味を思い出せなかったり、マンゴーとの違いが分からなくなってしまった方も多いと思います。
まず、最も大きな違いは種の形です。
マンゴー」には大きな種が1つですが、「パパイヤ」には小さな種がたくさんあります。
皮は、「マンゴー」赤っぽく薄いのに対し、「パパイヤ」は厚く緑色、成熟しても黄色なのが特徴です。
生育の仕方もかなり異なります。
マンゴー」は1つづつ実りますが、。「パパイヤ」はバナナのように塊で実ります。
肝心な味ですが、人により感じ方は異なるものの、「マンゴー」より「パパイヤ」が味は淡泊という傾向があります。
マンゴー」は甘みが強い傾向がありますが、「パパイヤ」はそれほどでもなく、むしろ香りが強いという特徴があります。
また、原産国では、パパイヤは熟して甘くなる前から食べる習慣もあり、野菜や主食としても利用されています。

参照元

Vol.598 マンゴーと ちょっと違うよ パパイアは – Staff Blog – 宮崎 ホームページ制作 磁
パパイヤとマンゴー、味の違いは?? CHOKOBALLCAFE

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ