「ラーメン」と「中華そば」の違い

「ラーメン」と「中華そば」の違い

ラーメン」と「中華そば」の違い

ポイント


解説

ラーメン」と「中華そば」の違いはどこにあるのでしょうか?
結論から言うと、「ラーメン」も「中華そば」も同じものを指しており、明確な違いはありません。
戦後の食糧難の時代、外食と言えば大衆食堂とそば屋がメインでしたが、
栄養価が高いということで、小麦粉の麺を使用したそばが人気となりました。
このそばを日本そばと区別するため「中華そば」という呼び方が登場し、普及します。
その後、「チキンラーメン」が登場し、大ヒットします。
このヒットにより「ラーメン」という呼び方が一般的となっていきます。
現在では、どちらかと言うと「ラーメン」という言葉の方が定着した感はありますが、
ラーメン」も「中華そば」も同じものを指しています。
ただし、醤油ベースであっさりしたラーメンを「中華そば」と呼ぶ傾向がありますが、
麺の種類や材料などで「ラーメン」なのか「中華そば」なのかを区別されるものではありません。

参照元

【知らないと恥ずかしい?】ラーメンと中華そばの違いって?日本のラーメンの歴史から見てみる。 – NAVER まとめ
越前市三大グルメ「中華そば」 – 越前市
ラーメンと中華そばの違い – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ