「リュージュ」と「ボブスレー」と「スケルトン」の違い

「リュージュ」と「ボブスレー」と「スケルトン」の違い

ポイント


解説

冬季オリンピックのソリ競技には、「リュージュ」と「ボブスレー」と「スケルトン」の3種目があります。
どれもあまり馴染みのない競技なので、どれがどれか分からなかったり、その違いがよく分かっていないという方も多いのではないでしょうか?
まずは乗る選手の人数の違いです。
スケルトン」は1人乗りの種目しかなく、完全に個人種目です。
リュージュ」では、1人乗りと2人乗りの2種類があります。オリンピックでは、男女それぞれの1人乗りと2人乗りの3種目があり、2人乗りでは男女を問いません。
ボブスレー」は2人乗りと4人乗りがあり、オリンピックでは男子2人乗り・男子4人乗り・女子2人乗りの3種目があります。
また、よく混同してしまうのが「スケルトン」と「リュージュ」。大きく違うのは滑る時の姿勢です。
スケルトン」はうつ伏せ、「リュージュ」は仰向けで滑るのが特徴です。
ソリに着目すると、「スケルトン」→「リュージュ」→「ボブスレー」の順に複雑になっていきます。
「スケルトンではとても簡素な構造のソリで競われますが、ボブスレーでは複雑で非常に高度な技術力が求められます。
さらに、スタート時の加速方法でも違いがあります。
ボブスレー」と「スケルトン」は助走してソリに乗り込みますが、。「リュージュ」はソリに乗り込んだ状態から手でかいて加速します。

参照元

スケルトン (スポーツ) – Wikipedia
リュージュ – Wikipedia
ボブスレー – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ