「ローレル」と「ローリエ」の違い

「ローレル」と「ローリエ」の違い

ポイント


解説

スパイスの1種で料理に使われる「ローレル」と「ローリエ」。名前も見た目も似ていますが、その違いを整理してみたいと思います。
結論から言うと、「ローレル」も「ローリエ」も同じものです。
「ローレル」はスペイン語、「ローリエ」はフランス語の発音が語源となっています。ちなみに英語では「ベイリーフ」、日本語で「月桂樹」となりますが、料理に使う「ベイリーフ」は、「ローレル」や「ローリエ」とは区別され、違う種類として扱われる場合もあります。
また、「ローレル」と呼ぶか「ローリエ」と呼ぶかは食品メーカーでも異なります。主なところでは、SB食品は「ローレル」と呼ぶ傾向があり、ハウス食品では「ローリエ」と呼び傾向があります。「ローレル」と「ローリエ」が混在しているのは、これが原因の1つかもしれません。

参照元

ローレルの活用法 | サポートデスク | S&B エスビー食品株式会社
スパイスカレッジ通信 vol.6 ハウス食品
【スパイス豆知識】実は別物!? ローレルとベイリーフの違いって? スパイス&ハーブの使い方・レシピ等を毎日更新!- スパイスブログ

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ