「上げる」と「揚げる」と「挙げる」の違い

「上げる」と「揚げる」と「挙げる」の違い

ポイント


解説

「あげる」と言うと、「上げる」と「揚げる」と「挙げる」の3つの漢字がありますが、この違いが実は分からないという方も多いのではないでしょうか?
まず、大まかに分類すると、「上げる」は下げるの反対、「揚げる」は掲げる、「挙げる」は成果を残すという意味があります。
言い方を変えると、「上げる」=上昇、「揚げる」=掲揚、「挙げる」=成果・成績と言い換えることもできます。
まず、「上げる」は物を上にあげることですので、「荷物を上げる」「棚を上げる」という場合に使います。
次に、「揚げる」は特に高く上げる意味がありますので、「国旗を揚げる」「凧を揚げる」という場合に用いられます。
最後に「挙げる」は上下関係は関係なく成績や成果に対して使われます。
「犯人を挙げる」「得点を挙げる」などという場合に用いられます。
また、例外として「上がる」には終了するという意味もあります。
「仕事が上がる」などと表現されるのはそのためです。
挙げる」に意思表示をするという意味もあります。
「手を挙げる」などと表現されるのはそのためです。

参照元

『挙げる』と『上げる』と『揚げる』の使い分け教えて下さい – Yahoo!知恵袋
上げる、挙げる、揚げる 言葉拾い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ