「乾く」と「渇く」の違い

「乾く」と「渇く」の違い

ポイント

  • 渇く」⇔潤う。「乾く」⇔湿る・濡れる。
  • 渇く」=水分が足りない。「乾く」=水分がなくなる。
  • 渇く」=欲しがる。「乾く」=欲しがらない。
  • 渇く」=Thirsty。「乾く」=Dry。

解説

「かわく」という言葉には「乾く」と「渇く」があり、意味も似ています。実は違いがよく分からなかったり、使い分けに困っていたりする方も多いのではないでしょうか?そこで、「乾く」と「渇く」の違いと使い分けのポイントをご紹介します。
まず、対義語で考えてみます。おおまかに分類すると、「渇く」の対義語は「潤う」、「乾く」の対義語は「湿る」「濡れる」となります。
補足すると、「渇く」は物理的量に関係なく水分が足りていない状態、「乾く」は物理的に水分がなくなることを指します。ですので、「喉がかわく」は水分が足りていませんので「喉が渇く」、「洗濯物がかわく」では水分が蒸発してなくなった状態ですので「洗濯物が乾く」となります。
英語に置き換えてみても分かりやすくなります。「渇く」はThirsty、「乾く」はDryとなり、全く違う単語を使うことになります。
また、水分以外で「かわく」が使われるケースもあります。この場合、欲しがっているかどうかで判断すると分かりやすくなります。欲しがる意味が含まれる場合には「渇く」、含まれない場合には「乾く」となります。
例えば、「愛に渇く」は愛に飢えているという子で、愛を欲しがっていますので「渇く」が用いられます。逆に「舌の根も乾かぬうちに」は、舌が乾かないほど短時間にという意味ですので特に何かを欲している分けではありません。ですので「乾く」が用いられます。

参照元

「乾く」と「渇く」の違いとは?洗濯物にはどっち? | 役立つ・ためになる知っ得袋!
「渇く」と「乾く」の違い – 日本語早わかり

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ