「代表取締役」と「代表取締役社長」の違い

「代表取締役」と「代表取締役社長」の違い

代表取締役」と「代表取締役社長」の違い

ポイント

  • 代表取締役」と「社長」は別。
  • 「代表取締役」=法律上の地位。「社長」=職責上の地位。
  • 「代表取締役」=取締役の中で代表権を持つ人。
  • 「代表取締役会長」など、社長ではない代表取締役もいる。

解説

まず、「代表取締役」と「社長」は別のものです。
「代表取締役」は、商業登記された人が名のることができる地位です。
定款により取締役の人数が定められ、その取締役の互選により、代表取締役が決まります。
一方、「社長」は職責上の地位です。
社内の内規で自由に定められるもので、会社法上の意味合いはありません。
内外的に会社の代表であるということを表わす意味合いが強いようです。
一般的には「代表取締役」と「社長」は兼ねている場合が多いため、「代表取締役社長」という肩書きをよく目にしますが、
「代表取締役会長」のように社長以外の「代表取締役」もありますし、
「取締役社長」のように代表権のない社長も稀にあります。

参照元

代表取締役と取締役社長の違いは? – その他(法律) – 教えて!goo

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

One Response to “「代表取締役」と「代表取締役社長」の違い”

  1. […] 「代表取締役」と「社長」の違い […]

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ