「体」と「身体」の違い

「体」と「身体」の違い

「体」と「身体」の違い

ポイント

  • 「体」=肉体。「身体」=心身。
  • 「体」=生物全般に使う。「身体」=人間のみに使う。
  • 「体」=常用漢字。「身体」=常用漢字外。
  • 「体」=一般的。「身体」=丁寧な言い方。

解説

「からだ」という言葉を漢字で書く際、「体」と「身体」という2種類の書き方がありますが、この違いや使い分けについて実はよく分かっていないという方が多いのではないでしょうか?
まず、一般的な意味の違いでは、「体」は物理的な肉体のことを指し、「身体」は心を含めた心身のことを指す傾向があります。
ですので、動物や昆虫の場合には「体」を使いますが。「身体」を使うことはありません。
身体」は人間だけに使うと考えていいでしょう。
一方で、「身体」を「からだ」と読むのは常用漢字ではありません。
常用漢字では「身体」は「しんたい」と読みます。
そのため、新聞などのメディアでは基本的に「からだ」は「体」と表記し、「身体」は「しんたい」と読むことが一般的です。
また、「身体」は丁寧な言い方という意味合いもあります。
手紙などを書く際には「お身体にお気を付けください。」というように「身体」を使うのがマナーともされています。

参照元

体と身体の違いは何ですか? – 『体』も『身体』も肉体であ… – Yahoo!知恵袋
「体」と「身体」は両方とも「からだ」と読みますが、どこが違うのでし… – Yahoo!知恵袋
体と身体の違いって何ですか? – 体(からだ)/身体(しんたい)… – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ