「価」と「値」の違い

「価」と「値」の違い

ポイント

  • 「価」=お金の価値。「値」=数量。
  • 「価」は「値」の一部。
  • お金に換算できるもののみ「価」。
  • 「~にあたいする」は「価」でも「値」でもOK。

解説

「価値」という言葉がありますが、「価」も「値」も「あたい」と読みます。
この「あたい」という読みで使う場合、「価」と「値」ではどのような違いがあるのでしょうか?
「あたい」は、物事を数量で表すことを言いますが、一般的には「値」が使われます。
しかし、お金に換算できるものの場合、「価」が使われることも多くあります。
つまり、「値」のなかの一部のみ「価」が使われるという事にもなります。
この場合も「値」でも間違いではありませんので、使い分けに悩んだ場合には「値」にしておけば問題ありません。
ちなみに、「~にあたいする」という表現は、「~に価する」でも「~に値する」でもどちらでもOKのようです。

参照元

「あたい」について「価」「値」「あたい」って、「価」「値… – Yahoo!知恵袋
値する・価する(あたいする) - どっちか正しい違いは何 宜しくお願いします~ – 日本語を学ぶ – italkiの回答

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ