「保育園」と「幼稚園」の違い

「保育園」と「幼稚園」の違い

保育園」と「幼稚園」の違い

ポイント


解説

就学前のお子を預ける場所として、大きく分けて「保育園」と「幼稚園」があります。
ご存知の方も多いかもしれませんが、この違いについて整理してみたいと思います。
まず、「保育園」と「幼稚園」では、管轄している省庁が違います。
「保育園」は厚生労働省、「幼稚園」は文部科学省の管轄となります。
この違いは、それぞれの目的が違っていることに由来します。
「保育園」はその名の通り、子供を親の代わりに預かるというのが目的です。
そのため、比較的遊びが中心となっています。
一方、「幼稚園」は学習が目的です。
園によって差はあるものの、保育園と比べて勉強が多くなっています。
また、お子を預かる時間の長さにも大きな違いがあります。
「保育園」は朝早くから夕方遅くまで保育可能で、多くの場合延長保育なども行っています。
幼稚園」は比較的短時間な上、特に帰りは2時から3時ことには帰宅することがほとんどです。
そのため、フルタイムの共働き世帯では、送り迎えなどが難しい場合があります。
さらに、園での生活での大きな違いは昼寝です。
「保育園」では毎日昼食後に昼寝がありますが、「幼稚園」では昼寝はありません。

参照元

幼稚園と保育園の違いについて「幼稚園と保育園」 – はっぴーママ.com

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ