「写す」と「映す」の違い

「写す」と「映す」の違い

ポイント

  • 写す」=残る。「映す」=残らない。
  • 写す」=複製ができる。「映す」=複製はできない。
  • 写す」=コピーに置き換えられる。「映す」=コピーに置き換えられない。
  • 映す」ものを残すのが「写す」

解説

最も変換に悩む漢字の1つに「写す」と「映す」があります。
映写という熟語もあるので、余計に悩んでしまします。
そこで、この「写す」と「映す」の違いと使い分けのポイントをまとめてみました。
まず、うつした結果として何かが残るかどうかで判断できます。
具体的には複製ができるかどうかで判断できます。
ノートや書類を「写す」場合、その結果として書き写したメモやコピーした書類が残ります。
一方、鏡やモニターに映す場合、終わってしまったら何も残りません。
また、「コピー」という言葉に置き換えられるかどうかで判別する方法もあります。
「ノートを写す」「データを写す」は「ノートをコピーする」「データをコピーする」に置き換えられますが、鏡やモニターに映す場合「コピーする」とは言えません。
更に、「写す」ものを残すのが「写す」とも言えます。
に富士山が映る姿を写真に写す」「テレビに映った自分の姿をビデオで写す」などがこの場合になります。

参照元

http–bimyo-kotoba.com-back030522.htm

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ