「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

ポイント


解説

「すすめる」という言葉を漢字にすると「進める」「勧める」「薦める」「奨める」の4つがあります。
「進める」はともかく、「勧める」と「薦める」と「奨める」の違いはかなり紛らわしいものです。
まず、これらはこの漢字を含む熟語に置き換えると分かりやすくなります。
「勧める」=「勧誘」、「薦める」=「推薦」、「奨める」=「奨励」と置き換えることができます。
これらを踏まえると、「勧める」=誘う、「薦める」=促す、「奨める」=励ますという意味を含んでいると言えます。
「勧める」は「勧誘」で誘う意味がありますので、サークルや保険の勧誘には「勧める」が適しています。
薦める」=「推薦」で促す意味がありますので、選挙や役職に誰かを推す場合は「薦める」が適しています。
奨める」=「奨励」で励ますという意味が含まれています。
「奨励金」というのもこの励ます意味が含まれているためです。
ただし。「奨める」は常用漢字ではありませんので、使われるケースはほとんどありません。
「会社がおすすめする」という意味でしたら、「勧める」で問題ないでしょう。

参照元

薦める、勧める、奨めるの違いは何でしょう?具体的に教えてください。 – Yahoo!知恵袋
「進める」「薦める」「勧める」の意味の違い 毎日一問!日本語ドリル

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ