「卵」と「玉子」の違い

「卵」と「玉子」の違い

」と「玉子」の違い

ポイント

  • 」=生物学的な意味。「玉子」=食材としての意味。
  • 」=生物のたまご。「玉子」=鶏のたまご。
  • 」=生まれたままの姿。「玉子」=調理したもの。

解説

たまごを漢字で書くと、「」と「玉子」の2種類があることに気が付きます。
この違いや使い分けをはっきり理解していない方は多いのではないでしょうか?
まず、大きなくくりとしては、その目的で分類することができます。
」は生物学的な意味で、子孫を残すたものものの場合に使われ、
玉子」は食材として使う目的の場合に使われます。
ですので、同じ鳥のでも、自然の中で巣に産んでいるものは「」、
スーパーに並んでいる鶏のたまごは「玉子」となります。
また、鶏のたまごのほとんどは食用に生産されています。
そのため、鶏のたまごは「玉子」、それ以外を「」というように分類することもあります。
さらに、同じ鶏のたまごでも、生まれたままの姿のものを「」、調理したものを「玉子」と区別する場合もあります。
「生卵」「玉子焼き」と書くのもそのためです。
この3つのルールを覚えておけば、ほとんどがどれかに当てはまります。

参照元

意外と知らない日本語…「卵」と「玉子」の違いを知っておこう – NAVER まとめ
『「卵と玉子」の違いについて』|RICOH Communication Club 経営に役立つ情報発信サイト
「卵」と「玉子」の違い、知っていますか?-JA全農たまご株式会社

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ