「参詣」と「参拝」の違い

「参詣」と「参拝」の違い

参詣」と「参拝」の違い

ポイント


解説

神社仏閣にお参りする言葉として「参詣」と「参拝」がありますが、
この2つの言葉の違いと使い分けについて実は分からないという人が多いのではないでしょうか?
読み方は「参詣」は「さんけい」、「参拝」は「さんぱい」となります。
まず、「参詣」は、神社仏閣に行くこと自体を指します。
ですので、厳密に言えばお参りをしなくても構いません。
例えば、散歩で神社に行ったり縁日で神社に行ったりするのも「参詣」という事になります。
一方、「参拝」は神社仏閣に行って拝む行為を指します。
この際、「参拝」するためにはその神社に赴かなければならず、「参詣」を兼ねることになります。
このようなことから、一般的には「参詣」と「参拝」は同義語として扱われ、特に使い分けが必要ということはありません。
お参り」と「お詣り」は、神社で使い分けられますが、
参拝」と「参詣」は、このような使い分けはありません。

参照元

「参詣」と「 参拝」の違いはなんでしょう? 【OKWave】
寺、神社などに「参拝する」、「参詣する」の使用の違いをどなたか教え… – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ