「受ける」と「請ける」の違い

「受ける」と「請ける」の違い

ポイント


解説

業者と発注主の間でのやり取りで悩む言葉に「受ける」と「請ける」があります。
この違いや使い分けに悩むケースの少なくないのではないでしょうか?
受ける」と「請ける」の違いは意外にシンプルです。
「請ける」は請け負うという意味のみに使われ、「受ける」はそれ以外全般に用いられます。
別の言い方をすると、「請ける」には必ず対価として金銭が発生しますが、「受ける」には金銭が発生しません。
「仕事を請ける」「注文を請ける」のように金銭が発生する場合には「請ける」になりますが、その仕事や注文の中の詳細なことは「指示を受ける」などになります。
このように「請ける」は用いられる場面が限定的で、「受ける」は幅広く使われます。

参照元

受ける、請ける

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ