「合わせる」と「併せる」の違い

「合わせる」と「併せる」の違い

ポイント


解説

合わせる」と「併せる」も違いが難しく使い分けに悩む漢字です。
特に「併せる」はどのような場合に使うのが正しいのか難しい場合があります。
まず、言葉の意味で考えると、「合わせる」は「くっつける」「揃える」という意味があり、「併せる」は1つにするという意味があります。
「答えを合わせる」「手を合わせる」は揃えたりくっつける意味があります。
「2つのクラスを併せる」などは、2つを1つのものにする意味があります。
また、「合併」「併合」という言葉もあり、余計難しく感じてしまうかもしれませんが、逆にこの言葉に置き換えられる場合は「併せる」と判断することができます。
会社を合併・併合する場合や市町村が合併する場合は「併せる」となります。
さらに、「合う」という言葉に置き換えできるかどうかで判断する方法もあります。
「答えを合わせる」「手を合わせる」は「答えが合う」「手が合う」と置き換えられますが、「2つのクラスがあう」とは置き換えられません。

参照元

【言葉の表現方法】「合わせる」と「併せる」の使い分け ( 日本語 ) – 納得雑学!便利な情報 – Yahoo!ブログ
合わせると併せるの違い・意味や使い方を説明!

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ