「基礎」と「基本」の違い

「基礎」と「基本」の違い

ポイント

  • 基礎」=知識・技能。「基本」=認識・価値観。
  • 基礎」=客観的に把握できるもの。「基本」=人によってはさまざま。
  • 基礎」の上に「基本」ができる。

解説

物事の元になる部分を指す言葉として「基礎」と「基本」があります。
よく似ている言葉ですが、この「基礎」と「基本」の違いや使い分け悩んでしまうことはないでしょうか?
まず、「基礎」には知識や技能という意味合いがあり、「基本」には認識や価値観という意味合いがあります。
言い換えれば、「基礎」は客観的に把握できるもの、「基本」は人によってはさまざまなものともとらえられます。
「基礎」はテストなどで知識や技能などを他社と比較することが可能なものが多く、その反面「基本」ができているかどうがは判断する人の主観的なものになりがちです。
また、「基礎」の上に「基本」が成り立つという考え方もできます。
スポーツに例えれば、そのスポーツをするための体力をつけるのが「基礎体力」ですし、
その体力を正しく競技に生かすために基本動作を身に着けるのが「基本」とも言えます。
学習でも、読み書きなどが「基礎」に当たり、有無を言わず覚えなければなりません。
これができた上で公式を覚え理解することが「基本」となり、応用ができるようになります。

参照元

基礎と基本の違い
「基本」と「基礎」の違いを教えてください。 – 国語 解決済 教えて!goo

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ