「家族葬」と「密葬」の違い

「家族葬」と「密葬」の違い

ポイント


解説

家族葬」と「密葬」は、どちらも近親者のみで行う葬儀というイメージがありますが、
本来の意味は異なります。
まず、「密葬」は、「本葬」に対して使われる言葉です。
有名人著名人の葬儀で執り行われることが多く、
後日大規模な葬儀が予定されている場合、
家族や近親者で行う葬儀を「密葬」と言います。
芸能人や有名アーティストなどが後日ファンも参列できる「お別れ会」などを予定している場合、
財界人などが後日大規模な「社葬」を予定している場合には、
これに対して「密葬」を執り行う事が多い傾向にあります。
一方、「家族葬」は、近親者のみで小規模に執り行う葬儀のスタイルです。
核家族化にともなう親戚付き合いの疎遠化や、
お香典の取り扱いなどの簡素化、
葬儀費用の軽減などの理由から
最近では徐々に増えてきている葬儀のスタイルと言えます。
「家族葬」とは言っても、厳密に血縁で区切る訳ではなく、
親しい友人なども交えて執り行うケースが一般的のようです。

参照元

家族葬と密葬の違いはなんですかイメージ的には同じようなんですが – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ