「宿命」と「運命」の違い

「宿命」と「運命」の違い

ポイント

  • 宿命」=生まれる前に決まる。「運命」=生まれた後に決まる。
  • 宿命」=変えられない。「運命」=変えられる。
  • 宿命」=避けられない。「運命」=避けられる。

解説

自分の意志にかかわらずめぐってくるものという意味の言葉として「宿命」と「運命」があります。
この2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか?
まず、どちらも避けて通れないものという意味では「宿命」も「運命」も同じです。
しかし、あえて区別すれば、「宿命」は生まれる前から決まっていたもの、「運命」は生まれた後に決まるものとすることができます。
例えば、生まれた人種や性別は、自分の意志や行いで決定されるものではなりませんので「宿命」で、
生まれた後の自分の意志や行いによって左右される可能性もあるものが「運命」ということができます。
言い方を変えると、「宿命」は変えられないもの、「運命」は変えられる(変えられた)ものととらえることもできます。
運命の出会い」という言葉がありますが、これは偶然が重なり合ってたまたま出会ったという意味もあり、
何かが欠けたら出会えなかったという意味も含みます。
また、「宿命」は避けられない、「運命」は避けられると言うこともできます。
宿命のライバル」とは、本来なら後天的な要素が多いものですので「運命のライバル」となりますが、
避けられないライバルという意味で「宿命」と比喩的に用いられているようです。

参照元

「宿命」と「運命」の違いを知ること – 伊勢ー白山 道
宿命とは「宿る命」。運命とは「運ぶ命」。 あなたが生まれた30の意味と理由 HappyLifeStyle

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ