「寒天」と「ゼラチン」の違い

ポイント

  • 寒天」=原料は海藻。「ゼラチン」=原料は牛や豚の骨や皮。
  • 寒天」=主成分は炭水化物(ガラクタン)。「ゼラチン」=主成分はたんぱく質(コラーゲン)。
  • 「寒天」=常温では固まる。「ゼラチン」=常温では固まらない。
  • 「寒天」=にごりがある。「ゼラチン」=透明 。

解説

見た目が似ている「寒天」と「ゼラチン」ですが、原料や成分、調理方法は全く異なります。
まず原料は、「寒天」は海藻、「ゼラチン」は牛や豚の骨や皮などからできています。。
そのため、主成分も全く違います。
「寒天」の主成分は炭水化物(ガラクタン)、「ゼラチン」の主成分はたんぱく質(コラーゲン)です。
また、「寒天」は沸騰させないと解けない反面、常温では固まります。
一方、「ゼラチン」は、あまり高温にすると固まらなくなる事もあります。さらに常温では固まらないので、冷蔵庫などで冷やすことが必須です。
見た目では、「寒天」は若干白いにごりがあるのに対し、「ゼラチン」は無色透明です 。

参照元

ゼラチンと寒天の違い:練馬区公式ホームページ

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ