「州」と「県」の違い

「州」と「県」の違い

」と「」の違い

ポイント

  • 」=権限大。「」=権限小。
  • 」=独自の法律。「」=国の法律。
  • 」=財源大。「」=財源小。
  • 」と「」の違いに明確な定義はない。

解説

大阪構想などで「道制」などという言葉を耳にするようになりましたが、
そもそも「」と「」の違いはどのような点にあるのでしょうか?
実はよく分からないという方も多いと思いますので、簡潔にまとめてみました。
」と「」の違いを一言で言うと、権限の大きさです。
」は大きな権限を持ちますが、「」はそれほど大きな権限がありません。
」といえば代表的なのがアメリカですが、アメリカの「」と日本の「」を比較すると、
まず大きな違いは法律です。
アメリカでは、憲法以外の法律は基本的に「」ごとに定め垂れています。
死刑があるとないがあるものそのためです。
日本の「」でも条例のようにごとに定められているものはありますが、
これはあくまで補足的なもので、基本的には国の定める法律によって治められています。
もう1つの違いは財源です。
日本の税金の多くは国が徴収し、必要に応じて地方に分配されますが、
」ではその制度も含め、多くが地方に委ねられています。
大筋ではこのような違いがありますが、実は「」と「」に明確な定義がありません。

参照元

道州制 – Wikipedia
都道府県の「県」と、アメリカやイギリス?その他の国の「州」の違いを… – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ