「当てる」と「充てる」の違い

「当てる」と「充てる」の違い

ポイント


解説

当てる」と「充てる」は使い分けに悩む場面がよくあります。
当てる」は分かりやすいものの「充てる」を使うべきかどうかで迷ってしまうことも多いでしょう。
この「当てる」と「充てる」の違いや使い分けの目安とポイントをまとめてみます。
おおまかに分類すると、「当てる」は「ぶるける」「触れさせる」といった場合に用いられ、「充てる」は「振り向ける」「割り当てる」のような場合に用います。
また、「当たる」は幅広い意味で使われますが、「充てる」は限定的です。
「充てる」は用途・目的・役割が関係する場合に使われ、「当てる」はそれ以外の場合と考えると分かりやすいかもしれません。
英語に置き換えてみると判別しやすい場合もあります。
forやbecauseに置き換えられるものは「充てる」、置き換えられない場合は「当てる」となります。
更に、主語になるもので判断する方法もあります。
「充てる」はお金・時間・人材に係わる場合に用いられますが、「当てる」はそれ以外のモノが主語になります。
お金の場合はどちらに使う場合もあります。
競馬や宝くじが的中した場合は「当たる」、そのお金の使い道は「充てる」となります。

参照元

当てる・中てる・充てる・宛てる(あてる)とは – コトバンク
日本語学習者向け漢字サイト「漢字園」

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ