「意志」と「意思」の違い

「意志」と「意思」の違い

意志」と「意思」の違い

ポイント

  • 意志」=強い。「意思」=弱い。
  • 意志」=積極的。「意思」=消極的。
  • 意志」=行動をともなう。「意思」=行動をともなわない。
  • 意志」=心理学用語。「意思」=法令用語。

解説

使い分けの難しい漢字の代表格に「意志」と「意思」があります。
この違いが実は分からないという方も多いのではないでしょうか?
まず、「意志」と「意思」ではその強さに違いがあると言えます。
「強い意志」「意思確認」というように、「意志」には強い意向がありますが、
「意思」ではどちらかと言えばよいうようなことも含まれます。
言い方を変えると、「意志」は積極的なもの、「意思」はどちらかというと消極的なものということにもなります。
また、行動をともなうものを「意志」、行動をともなわないものを「意思」ということにもなります。
なんとなくオリンピックに出てみたいというような漠然とした思いは「意思」、
オリンピックに出るために日々厳しい練習に取り組んでいる場合は強い「意志」が働いています。
喫煙者では、体のことを考えればできれば禁煙したいという人は禁煙の「意思」があり、
実際に禁煙に取り組んでいたり、禁煙に成功した人は、禁煙の「意志」があったと言えます。
別の分類では、「意志」は心理学用語、「意思」は法令用語となります。
そのため、法律や教育現場では「意思」が多く用いられています。

参照元

「意思」と「意志」の違い・使い分け方 – 現代文 by 春樹 マナペディア
「意志」と「意思」の違いは何ですか? – 「意志」は意欲のことです.… – Yahoo!知恵袋
使いわけよう!「意志」と「意思」の意味の違いと使い方 nanapi [ナナピ]

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ