「昆布」と「ワカメ」の違い

「昆布」と「ワカメ」の違い

昆布」と「ワカメ」の違い

ポイント


解説

昆布」と「ワカメ」が違うのは当たり前だと思う方も多いかもしれませんが、
実は日本人の2人に1人は「昆布」と「ワカメ」の違いが分からないそうです。
まず、「昆布」と「ワカメ」は、同じ海藻ですが、種類が異なります。
昆布」は褐藻類コンブ科コンブ属に属する海藻の仲間、「ワカメ」=褐藻類アイヌワカメ科に属しています。
生産地では、「昆布」は主に北海道、「ワカメ」は日本全国で生産されています。
昆布」は寒い地域でないと生育しませんが、「ワカメ」は比較的温暖な地域でも生育可能です。
次に調理する際には、「昆布」はヌルヌルするのが特徴ですが、「ワカメ」はヌルヌルがありません。
栄養価では、「昆布」はとても高く、たんぱく質,カルシウム,鉄,よう素,繊維を多く含み,ビタミンA,B2も含まれています。
うまみ成分であるグルタミン酸を多く含み、だしによく用いられます。
一方、「ワカメ」は栄養価は高くなく、低カロリーな食材です。
アルギン酸という食物繊維を多く含んでいるため、ダイエットにもよく用いられます。
価格面では、「昆布」は高いものが多く高級品が多いのに対し。「ワカメ」は安いものが多いという特徴もあります。

参照元

「わかめ」と「こんぶ」の違いはなんですか 「わかめ」が大きくなると「こん… – Yahoo!知恵袋
昆布とわかめの違い – 昆布の豆知識 昆布の小倉屋 大阪戎橋筋(こんぶのおぐらや)
知識の宝庫!目がテン!ライブラリー

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ