「殿」と「様」の違い

「殿」と「様」の違い

ポイント

  • 元々は、「殿」=目下の人。「」=目上の人。
  • 最近は、全て「」とする場合が多い。
  • ビジネス上では「様」で統一するのが無難。

解説

仕事やビジネスの場で意外に悩むのが「殿」と「様」の使い分けです。
使い方を間違うと、失礼にあたったり、非常識だと思われたりしないかと心配になるものです。
元々は、歴史的な経緯もあり、
殿」は目下の人に、「様」は目上の人に使いものという傾向がありました。
そのため、「殿」を使うと見下していると勘違いされ、逆に失礼にあたる可能性があり、
現在では全て「様」を使うのが一般的になってきています。
また、役職名の後に付ける場合、特に「殿」と「様」で悩む場合もあります。
この場合、「○○部長様」という使い方は間違いで、
正しくは「○○部長殿」だ正しいという意見もあります。
しかし、いくら文法的に正しくても、上記のような意味から、
見下しているようで失礼にあたる可能性もあり、
最近では「○○部長様」という使い方が一般的になっています。
ビジネス上では、「殿」は使わず、全て「様」で統一しておけば、
間違いないと言えるでしょう。

参照元

殿と様の使い分けについて教えて下さい。 私が学んだマナー講習では、目上や個人… – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ