「犯す」と「侵す」と「冒す」の違い

「犯す」と「侵す」と「冒す」の違い

ポイント

  • 犯す」=法律・規律。「侵す」=領域・権利。「冒す」=けがす。
  • 犯す」=犯罪。「侵す」=侵略・侵害。「冒す」=冒涜。
  • 侵す」=相手がいる。
  • 冒す」=困難を伴う。

解説

犯す」と「侵す」と「冒す」は、どれもあまりいい意味で使われることはありませんが、意外にその違いや使い分けがわかりにくい言葉です。
まず、大まかに分類すると、「犯す」は法律や規律に関係、「侵す」は領域や権利に関係。「冒す」はけがすという意味で使われます。
これらはそれぞれの漢字を使った熟語に置き換えると分かり易いかもしれません。
犯す」=犯罪、「侵す」=侵略・侵害、「冒す」=冒涜、となります。
犯す」は法律や規律を犯す意味ですので、つまり犯罪となります。
侵す」は領域・権利に関係しますので、「領土の侵略」「人権侵害」「プライバシー侵害」といった場合に使われます。
また、「侵す」は相手がいる場合に限定されるという特徴もあります。
冒す」はけがすという意味がありますので、「神を冒涜する」などといった場合に使われます。
冒す」には、困難を伴うという意味で使われることもあります。
この場合は「冒険」という意味合いがあります。
「危険を冒す」という場合はこのケースに当たります。

参照元

ビミョーな言葉研究所
【犯す】、【侵す】、【冒す】それぞれの漢字の使い分け方について教えて… – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ