「生む」と「産む」の違い

「生む」と「産む」の違い

ポイント


解説

生む」と「産む」も使い分けや違いに悩む漢字の1つです。
特に出産のお祝いやメッセージなど、間違えて失礼がないかなど心配な方も多いでしょう。
そこで、この2つの違いを整理してみます。
まず、「産む」は、人間なら子供、動物なら子や産む場合にのみ使われます。
「赤ちゃんを産む」「産む」のように使われます。
一方、「生む」は幅広く、新しいものを作るという場合にも使われます。
「利益を生む」「新製品を生み出す」なごがこのケースです。
また、「産む」は出産に関連した場面で使われますが、「生む」は生死に関連する意味合いで使われます。
母親から見ると、出産することは「産む」になりますが、子供から見るとこの世に生を受けた訳ですので「生まれる」になります。
このように、「産む」が使われる場面は限定的で「出産」という言葉に置き換えられる場合のみで使われ、それ以外では「生む」となります。
子供が母親に「うんでくれてありがとう」という場合、この世に生んでくれた事に感謝している意味合いが強いので「生む」が望ましいです。
出産のお祝いで使う場合も、「生む」を使えば間違いありませんし、よりお祝いの意味が強くなるかもしれません。

参照元

うむ【生む/産む】の意味 – goo国語辞書
『産む』と『生む』の違い – 人間が誕生する時は『生まれる』と言… – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ