「皮」と「革」の違い

「皮」と「革」の違い

ポイント

  • 」=表面を包むもの。「」=動物のをなめしたもの。
  • 」=skin(スキン)。「」=Leather(レザー)。

解説

日常でよく使われる「かわ」という言葉。「」なのか「」なのか迷ってしまう場合も多いのではないでしょうか?そこで、「」と「」の違いを整理してみます。
まず、「」は表面を包むもの全般に用いられます。動物の膚はもちろん「」ですし、植物の表面も「」になります。「が剥ける」などがこれにあたりますし、「リンゴの皮」「みかんの皮」など植物でも使われます。また、「餃子の皮」など、生き物ではなくても表面を包むものという意味でも「皮」になります。
一方、「」は動物の表皮をなめした製品限定に用いられます。「製品」「靴」「牛」などがこれにあたります。
日本語では同音でわかりにくいですが、英語にすると明確になります。「皮」はskin(スキン)となり、「」はLeather(レザー)となります。
唯一の例外が「毛皮」です。上記の分類からすると「毛」になりますが、この場合だけ「毛皮」です。「」を作る際のなめし作業が通常の「」と「毛皮」では工程が異なるようです。
ちなみに英語では、通常の製品のなめし作業をタンニング (tanning) 、毛皮の場合ドレッシング (dressing) と言葉自体が異なるようです。これも毛皮に「皮」を使う由来かもしれません。

参照元

革と皮の違い!製品なのはどっち? | 違いはねっと
毛皮 – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ