「直流」と「交流」の違い

「直流」と「交流」の違い

直流」と「交流」の違い

ポイント

  • 直流」=電流の向きが変化しない。「交流」=電流の向きが周期的に変化。
  • 直流」=変圧しにくい。「交流」=変圧しやすい。
  • 直流」=太陽光発電。「交流」=それ以外の発電所。
  • 直流」=乾電・自動車。「交流」=家庭用電源。
  • 直流」=蓄電可。「交流」=蓄電不可。

解説

直流」と「交流」の違いは、理科の授業で習った記憶があると思いますが、その特徴やメリット・デメリット、どのように使い分けられているかは意外に知られていないようです。
まずおさらいですが、「直流」は電流の向きが一定方向で変化しないもの。「交流」は電流の向きが周期的に変化するものです。
家電製品の50Hz/60Hzも、この交流電流の向きが1秒間に電流の向きが変わる回数です。
身近なものでは、「直流」は乾電や自動車、「交流」は家庭用電源などです。
直流」と「交流」が混在している理由は、それぞれの性質にあります。
直流」は蓄電できるというメリットはありますが、変圧しにくいため、長距離伝送に不向きという特徴があります。
逆に、「交流」は蓄電できませんが、変圧が簡単で長距離伝送に向いています。
そのため、乾電や自動車のバッテリーなどは「直流」ですが、発電所から各家庭に送られてくる電気は「交流」です。
発電所でも、ほとんどの発電方法は「交流」ですが、太陽光発電だけは「直流」です。
太陽光発電が再生可能エネルギーとして注目されながらなかなか普及しないのは、コストや安定性とともに送電しにくいという点も挙げられます。
また、意外にも家電製品のほとんどは実は直流電流で動いています。
家庭用電源は100Vですが、実際に必要な電圧は製品ごとに異なるため、変圧しやすい交流の家庭用電源から変圧された上、直流に変換されて使われているのです。

参照元

電気の知識 交流と直流の違い 篇|株式会社YAMABISHI
直流と交流の違いと利点欠点 50Hz・60Hzの周波数の違い・理由・統一

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ