「競売」と「公売」の違い

「競売」と「公売」の違い

競売」と「公売」の違い

ポイント

  • 競売」=借金の滞納。「公売」=税金の滞納。
  • 競売」=裁判所が執行。「公売」=行政機関が執行。
  • 公売」=自己破産しても免除されない。

解説

借金の滞納などで家が「競売」に掛けられるという話を耳にしたことがあるかもしれませんが、
似たような言葉に「公売」というものがあります。
この「競売」と「公売」にはどのような違いがあるのでしょうか?
まず、借金を滞納した挙句に家などを差し押さえられる場合に使われるのが「競売」です。
債務者が裁判所に申し立て、その上で執行されます。
そのため、債務者は銀行などの民間の事業者や個人となります。
一方、「公売」は税金の滞納により差し押さえられる場合です。
所得税などの国税なら国税局や税務署、住民税なら自治体によって執行されます。
公売」の場合、裁判所を通さずこれらの税務署や自治体が執行できるのが違いの1つです。
また、税金の滞納は自己破産によって免除されませんので、
自己破産による「公売」の免除もありません。

参照元

任売・競売・公売の違いについて|競売マンションドットコム
不動産競売と公売の違い 任意売却推進センター ライビックス住販

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ