「聞く」と「聴く」の違い

「聞く」と「聴く」の違い

聞く」と「聴く」の違い

ポイント

  • 聞く」=受動的。「聴く」=積極的。
  • 聞く」=自然に耳に入る。「聴く」=耳をそばだてる。
  • 聞く」=耳だけできく。「聴く」=心できく。
  • 聞く」=hear。「聴く」=listen。

解説

「音を聞く」「音楽を聴く」というように、同じきくでも「聞く」と「聴く」と2種類の漢字で表現することがありますが、
この違いはどこにあるのでしょうか?
ざっくりいうと、きく側の受け取り方に違いがあるようです。
「聞く」は受動的、「聴く」は積極的ということになります。
言い方を変えると、「聞く」は自然に耳に入る場合、「聴く」は耳をそばだてる場合ということにもなります。
ですので、車や街の騒音など、聞きたくなくても聞こえるのもは「聞く」、好きな音楽など自分からききに行くものは「聴く」ということになります。
また、このようなことから耳だけできく場合は「聞く」、心できく場合は「聴く」ということにもなります。
川のせせらぎなど自然に聞こえるものは通常は「聞く」が使われますが、
この場合、文学的には「聴く」が使われることもあります。
また、先生や上司の話も、いやいやきくなら「聞く」、前向きにきくなら「聴く」ということにもなります。
英語で表現するなら、「聞く」=hear、「聴く」=listenが近い意味となります。

参照元

「聞く」と「聴く」の違いは何ですか?あと、音楽をきくの「きく」はど… – Yahoo!知恵袋
ビジネスコミュニケーション☆聞き方心がまえ「聞く」と「聴く」の違い : ビジネスマナーUP!キラリ輝く仕事美人☆
『キク三兄弟「聞くと聴くと訊く」の違いについて』 |RICOH Communication Club 経営に役立つ情報発信サイト

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ