「臭い」と「香り」の違い

「臭い」と「香り」の違い

臭い」と「香り」の違い

ポイント

  • 香り」=いいニオイ。「臭い」=いいニオイも悪いニオイも含まれる。
  • 香り」=ほのかに臭う。「臭い」=遠くからでも臭う。
  • 香り」=品格や美しさも含む。
  • 臭い」を「クサイ」と読み間違えないために「香り」を使う場合も。

解説

臭い」と「香り」の最大の違いは、嗅いだ人の感覚によります。
まず、「臭い」は、とにかく鼻を刺激するもの全てを指します。
いいニオイでも悪いニオイでも「臭い」が使われます。
一方、「香り」は、いいニオイに限定されて使われます。
別の見方では、、ニオイのする範囲によって使い分けられる場合もあります。
厳密な区別はありませんが、「香り」はほのかに臭う場合、「臭い」は遠くから臭う場合に使われる傾向があります。
また、「香り」は美しさや品格、高級感をイメージさせる場合に敢えて用いられることもあります。
臭い」は、「クサイ」とも読むことができますので、この読み間違いを防ぐために「香り」を使うこともあるようです。

参照元

「香り」と「匂い」 – 国語 – 教えて!goo
「香り」「匂い」「臭い」という言葉の違いは?|湘南藤沢辻堂のパフュームセラピストのブログ

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ