「規定」と「規程」の違い

「規定」と「規程」の違い

規定」と「規程」の違い

ポイント

  • 規定」=個々の決まり。「規程」=規定全体。
  • 規定」=動詞になる。「規程」動詞にならない。
  • 規定」=「規定○○」と後に名詞がつく。「規程」=「○○規程」と前に名詞がつく。

解説

「規定」と「規程」は同義語として扱われ、違いが明確ではありませんが、
個々の細かい決まりを定めたものを「規定」、「規定」全体を取りまとめたものを「規程」というように使い分けられる傾向があります。
また、その他の大きな違いでは、動詞になるかどうかという違いです。
「規定」は「規定する」というように動詞として使えますが、「規程する」は間違いになります。
その他にも、名詞とセットで使われる場合に違いがあります。
「規定」は「規定○○」というように、前に「規定」が付くことが多いのですが、
「規程」は「○○規程」というように後に「規程」が付くことがほとんどです。

参照元

 

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ