「記入」と「記載」の違い

「記入」と「記載」の違い

ポイント

  • 記入」=枠がある。「記載」=枠がない。
  • 記入」=文字とは限らない。「記載」=文字。
  • 記入」=書く行為。「記載」=書いた後に読まれる。
  • 記入」=重要でない場合も。「記載」=重要事項。

解説

何かを書き記すことを表す言葉として「記入」と「記載」があります。
意味もよく似ているこの2つですが、どのような違いがあり、どのように使い分ければいいのでしょう?
まず、書き記す際に、記入欄や枠があるかどうかで区別することができます。
記入欄や枠がある場合、その中に書くことになりますので「記入」、
枠がない場合や原稿用紙など枠があっても大まかな場合には「記載」を用いることになります。
また、「記載」は必ず文字を書くことになりますが、「記入」は文字とは限りません。
マークシートなどがその典型的な例で「記入」を使います。
また、書いたものが第三者に読まれるかどうかという視点でも使い分けられます。
アンケート用紙などでは、後に集計しやすくするため選択式やチェック式になっている場合もありますが、
記載」では書いたものそのものが読まれることを前提としています。
また、記入欄があるものでも、その重要度によっては「記載」となる場合もあります。
戸籍謄本や履歴書などでは、事実と異なることを書いた場合「虚偽記載」となり、法律で罰せられることもあります。

参照元

「記入」と「記載」の違いとは?どっちが正しい? 役立つ・ためになる知っ得袋!
記入と記載の違いは?聞かれて大丈夫な正しい回答はコレ! トレンド7

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ