「認可保育園」と「認証保育園」の違い

「認可保育園」と「認証保育園」の違い

「認可保育園」と「認証保育園」の違い

ポイント

  • 「認可保育園」=国の基準。「認証保育園」=東京の基準。
  • 「認可保育園」=安い。「認証保育園」=高い。
  • 「認可保育園」=所得に応じた保育料。「認証保育園」=独自の保育料。
  • 「認可保育園」=手続きが大変。「認証保育園」=手続きは簡素。

解説

保育園には「認可保育園」と「認証保育園」など、似たようなものがありますが、
初めてのお子を保育園に預ける場合、まずこの違いが分からないという方も多いのではないでしょうか?
まず、この両者では、認可・認定している基準が違います。
「認可保育園」は国の基準に基づいており、「認証保育園」は東京の基準に基づいています。
また、保育料にも大きな違いがあります。
「認可保育園」は所得に基づいて保育料を算出します。
比較的低料金ですが、自治体によっては所得制限があり、一定以上の収入がある場合には入所できない場合もあります。
そのため、入園するためには手続きが煩雑です。
雇用証明書や就労証明書、源泉徴収表などが必要な上、多くの自治体では入所待ちになるケースがあります。
一方、「認証保育園」では、上限はあるものの、運営者側で自由に保育料を設定できるため、
比較的保育料は高い傾向にあります。
その反面、空きがあれば比較的簡素な手続きで入所可能です。
ちなみに、「認証保育園」とは、あくまで東京の呼び方であり、
自治体によってその基準も呼び方も異なります。
神奈川の場合「認定保育園」と呼ばれています。

参照元

どう違う?認可保育園、無認可保育園、認定こども園 [出産・育児費用] All About
認可保育所と認証保育所の違い|「認証保育所制度について」|特集記事|福ナビ

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

One Response to “「認可保育園」と「認証保育園」の違い”

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ