「足」と「脚」の違い

「足」と「脚」の違い

ポイント

  • 「足」=くるぶしから先。「脚」=足全体。
  • 「足」=Foot。「脚」=Leg。
  • 手で言うと、「足」=手。「脚」=腕。
  • 支えるものに使う場合は「脚」。

解説

「あし」を漢字にすると「足」と「脚」の2種類がありますが、この2つは意味も似ていて使い分けに悩む場合があります。
この「足」と「脚」の違いがどのようなものなのでしょうか?
まず、身体の一部である「あし」を漢字で表す場合、「足」と「脚」の違いは明確です。
「足」はくるぶしより先の部分に使い、太ももを含む全体を指す場合には「脚」を使います。
英語で言えば、「足」はFoot、「脚」はLegということになります。
手に例えるともっと分かりやすくなります。
「足」は手、「脚」は腕となります。
また、「あし」には物を支える部分を指す場合にも使われます。
この場合、どちらを使っても間違いではありませんが、基本的には「脚」が使われます。

参照元

「あし」→「足」と「脚」の違いってなんですか?また、「からだ」→「体… – Yahoo!知恵袋
「足」と「脚」の違いとは? 役立つ・ためになる知っ得袋!

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ