「踊る」と「躍る」の違い

「踊る」と「躍る」の違い

ポイント

  • 踊る」=ダンス・舞踊。「躍る」=跳ね上がる・わくわくする。

解説

読み方も同じで字も似ている「踊る」と「躍る」。意味の似ているようで使い分けに悩みます。この「踊る」と「躍る」の違いを整理してみます。
まず、「踊る」は、ずばりダンスのことです。正確には、音楽に合わせて踊ったり、決められた手順や振り付けで踊る場合に「踊る」を用います。「ダンスを踊る」「踊り子」「盆踊り」などが代表的な使い方です。
一方、「躍る」は、跳ね上がったり飛び上がったりする子を表す際に用います。「身を躍らせる」「魚が躍る」「馬が躍り上がる」などはこの意味で用いられます。
また、精神的に高揚したり、わくわくするような場合にも「躍る」を使います。「胸が躍る」「心臓が躍る」という場合、見た目には分かりませんが、精神的な高揚を表現した用法です。
ちなみに、「踊り」は「躍り」が語源となって生まれた言葉だそうです。「踊り」として区別されるようになったのは中世末期だそうですが、当時の「踊り」は跳ね上がる動きが多いものだったようです。
また、日本では「舞い」と区別する意味で「踊り」が使われ始めたそうで、音楽に合わせるのが「舞い」、自らがリズムを刻むのが「踊り」だったそうです。
魚などを生きたまま食べる調理法を「踊り食い」と言います。こちらは本来、跳ね上がっている状態ですので「躍り食い」が正しいと思われますが、魚が踊っているという比喩的な意味で「踊り食い」が定着しているようです。

参照元

「踊る」と「躍る」の使い分け|NHK放送文化研究所
踊り・躍り(おどり) – 語源由来辞典

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ